Staff Blog

Category List
Monthly Archive

隥本 智史

2023/01/10 (火)

新年明けましておめでとうございます^_^☆くせ毛のカットがうまい横浜みなとみらいの美容室ネイジーblog

こんにちは^^

ドライカットがうまい

横浜みなとみらいの美容室・美容院

neizy【ネイジー】のサカモトです。

 

 

 

くせ毛や髪質のお悩み、

似合う髪型に関するご相談、

頭皮のトラブル、深刻な髪の毛のダメージのお悩み、

 

neizyでは、そのようなお話を

たくさんお聞きしています。

「横浜でくせ毛のカットがうまい美容師を探している」

という方、

ぜひ美容師サカモトにお任せ下さい^_^

美容師歴20年以上のキャリアで培った経験のもと、

なるべくストレートパーマや縮毛矯正に頼らず

髪質を活かしたヘアスタイルのつくり方

をご提案させて頂きます。

ささいなことでもお気軽にどうぞ☆

 

 

 


 

みなさん!

 

明けまして

おめでとうございます!

 

 

 

 

 

いや、

…おっそっっっ!

 

という新年のご挨拶になってしまいました💦

2023年初ブログ更新です!

 

 

昨年は色々とありました。。。

 

なかでも

前年のマイクロバブルに引き続き

新メニュー「オイルキュア」として

二年連続のヘッドスパメニューリニューアルが大きかったです。

 

2021年に、

マイクロバブル

バイカルテトリートメント

が登場して

これまでにないヘアケアが誕生し、

 

2022年には

オイルキュア

頭質改善

という新たなスキャルプケアが登場!

 

これからの美髪育毛に向けて

大きな進歩を得た一年でした!

 

 

 

そして、

この2023年は…

 

以前からお話していたように

インナービューティー

に、もう一歩踏み込んでいきたいと思います!

 

 

キレイな髪は、

ヘアケアに加えて頭皮のスキャルプケアが大切…

これはもう常識的になってきていますが

更に見ていきたいところは

やっぱり身体の健康。栄養です。

 

美髪は美しい身体から生まれる!!!

 

冷静に考えれば、

あたりまえの事なんですけどね。

 

 

 

新年を迎えるにあたって

いくつかの小物も新調。

 

 

持ち込みドリンク用のコースター

 

ボールペンはデザイン性だけでなく実用性も高いカランダッシュ

 

バックルームで使う洗い物も業務用にチェンジ

 

 

気持ちを新たに

皆様のご来店を楽しみにお待ちしております!

 

今年も宜しくお願い致します

 

 

 

 

☆ドライカットがうまい横浜みなとみらいの美容室neizy☆


「クセや髪質の悩みを解決するカットテクニック」はコチラ

「初めての美容室でうまく髪型をオーダーする方法」はコチラ

「美容師が明かすボブの似合わせ論」はコチラ

美容院neizyの「スタッフページ」はコチラさ

美容室neizyの「サロンインフォ」はコチラ

 

neizy サカモト

 

横浜みなとみらいの小さな美容室・美容院neizy

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-4-3 MYMビル3F
0456637010


登録無しの24時間簡単予約はコチラ☆

 

【美容師の方へ】

リクルート情報はこちらから
スタイリストアシスタント美容師求人募集中!
関東神奈川横浜みなとみらい新高島の
小さな人気美容室neizyのリクルート求人はこちらから
正社員は社会保険完備・週休二日
新卒・中途技術者・パート美容師大歓迎です^^

 

2022/12/16 (金)

30歳は髪の曲がり角⁉髪質が変わるってホント?くせ毛のカットがうまい横浜みなとみらいの美容室ネイジーblog

こんにちは^^

くせ毛にお悩みのお客様を担当し続けて20余年。

ドライカットでつくるくせ毛でもまとまりやすいカットが得意な

横浜みなとみらいの美容室・美容院

neizy【ネイジー】のサカモトです。

 

 

 

くせ毛の髪型、ヘアスタイルのお悩み、

くせ毛が似合う髪型のご相談、

くせ毛の毎日の扱い方、オススメスタイリング、

 

他にも

頭皮のトラブル、白髪染めのお悩み、

 

neizyでは、そのようなお話を

たくさんお聞きしています。

「横浜でくせ毛のカットがうまい美容師を探している」

という方、

縮毛矯正やアイロンを使わない

で、くせ毛を扱いやすくする髪型・ヘアスタイルをご提案させて頂きます。

ささいなことでもお気軽にどうぞ☆

 

 

 

 


 

「最近、髪質が変わってきた気がする」

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

毛先のまとまり、

髪の質感、

ボリューム、

パサつき、

 

人それぞれ感じ方は違えど

皆さん30歳を過ぎたあたりから

このように感じることが多くなってきます。

 

心当たりのある方は

ぜひ最後までお読みください!

 

 

30歳になったら髪質は変わるのか?

 

髪のダメージについては

皆さん普段から気にされることが多いんじゃないかと思います。

 

ただ、ダメージにも種類があることは

あまり知られていません。

 

ヘアダメージは大きくいって3種類。

 

ライフダメージ

ケミカルダメージ

エイジングダメージ

 

この三つがあります。

 

それぞれ、

生活習慣によるダメージ

カラーパーマによるダメージ

 

そして…

老化によるダメージ。

 

今回の髪質の変化は

このエイジングダメージ

髪の老化と深く関わってきます。

 

 

 

髪質が変わるとどうなるのか?

 

neizyのお客様からよく聞かれるお話として

 

「最近、髪が広がりやすくなった」

「ボリュームがでにくくなった」

「髪が乾燥しやすくなった」

 

というのがあります。

 

これらはすべて

髪の老化

エイジングダメージ

です。

 

エイジングダメージとは

 

毛髪内部のたんぱく質量が減少し

毛髪を形成する結合の数も減っていきます。

 

それにより

髪の細毛化・乾燥

が進んでしまうのです。

 

 

 

 

 

ヘアケアは今まで通りで大丈夫?

 

じゃあどうすればいいのか?

 

同じように保湿ケアをしていけばいいのか?

 

というところですが

正確には少し違います。

 

一般的なヘアケアというものは

ライフダメージ

ケミカルダメージ

に対して効果的なものが多いのです。

 

じゃあ、エイジングダメージのケアは?

 

それは

ヘアケアと同時に

 

頭皮ケア

 

をすること。

 

これがとても有効です

 

 

これからの髪のために

 

一般的なヘアダメージは、

 

髪の毛が生えてきた後に受けるダメージです。

 

しかし

エイジングダメージの場合は

髪の毛が生えてきたころには

すでに受けてしまっているダメージ…

 

なので

髪が生える前にアプローチすることが望ましいです。

 

そこで頭皮ケア!

 

具体的には

 

頭皮の保湿

活性酸素除去

 

を頭皮に施しながら

 

毛根に対して積極的にアプローチしていきます

 

そうすることで

髪の太毛化

を目指します

 

 

 

具体的なオススメ対策3選

 

じゃあどうすれば

それが可能なのか。

 

おすすめは三つあります。

 

①頭皮マッサージをすること

②頭皮ケアに適したものを使うこと

③定期的にヘッドスパをすること

 

①はご自宅でセルフケアとして簡単にできる内容になります!

 

②はおすすめは

 

Eralイーラル

 

全商品に頭皮保湿・活性酸素除去の効果があります!

 

③は理想は月一回のヘッドスパ。

 

時間的に難しければ

季節の変わり目、シーズンの一回なども有効です。

 

 

 

おわりに

 

30歳を過ぎてからの髪質の変化について

ご理解いただけましたでしょうか?

 

ここはどんな髪質の方でも

必ず通る道です!

 

言い換えれば

どんな髪質の方でも

みなさん頭皮ケアはしておいた方がよいかと思います。

 

 

将来の美髪のためにも。

 

ぜひ

ご自身のライフスタイルに合う

やり方から頭皮ケアを始めましょう!

 

 

 

 

☆ドライカットがうまい横浜みなとみらいの美容室neizy☆


「クセや髪質の悩みを解決するカットテクニック」はコチラ

「初めての美容室でうまく髪型をオーダーする方法」はコチラ

「美容師が明かすボブの似合わせ論」はコチラ

美容院neizyの「スタッフページ」はコチラさ

美容室neizyの「サロンインフォ」はコチラ

 

neizy サカモト

 

横浜みなとみらいの小さな美容室・美容院neizy

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-4-3 MYMビル3F
0456637010


登録無しの24時間簡単予約はコチラ☆

 

【美容師の方へ】

リクルート情報はこちらから
スタイリストアシスタント美容師求人募集中!
関東神奈川横浜みなとみらい新高島の
小さな人気美容室neizyのリクルート求人はこちらから
正社員は社会保険完備・週休二日
新卒・中途技術者・パート美容師大歓迎です^^

 

2022/12/13 (火)

縮毛矯正をやめたいと思ったらまず知ってほしい4つのこと☆くせ毛のカットがうまい横浜みなとみらいの美容室ネイジーblog

こんにちは^^

くせ毛にお悩みのお客様を担当し続けて20余年。

ドライカットでつくるくせ毛でもまとまりやすいカットが得意な

横浜みなとみらいの美容室・美容院

neizy【ネイジー】のサカモトです。

 

 

 

くせ毛の髪型、ヘアスタイルのお悩み、

くせ毛が似合う髪型のご相談、

くせ毛の毎日の扱い方、オススメスタイリング、

 

他にも頭皮のトラブル、白髪染めのお悩み、

 

neizyでは、そのようなお話を

たくさんお聞きしています。

「横浜でくせ毛のカットがうまい美容師を探している」

という方、

くせ毛を丁寧に扱うドライカットという技術で

美容師歴20年以上のキャリアで培った経験のもと、

くせ毛をキレイにスタイリングさせて頂きます。

ぜひneizyネイジー美容師サカモトにお任せ下さい。

 

縮毛矯正を使わない

で、くせ毛を扱いやすくする髪型・ヘアスタイルをご提案させて頂きます。

ささいなことでもお気軽にどうぞ☆

 

 

 

 


 

neizyネイジーに初めてご来店いただくお客様は

 

「縮毛矯正をやめたい」

 

と、おっしゃる方が少なくないです。

 

半分くらいの方は

そのご希望でご来店されるくらいのイメージがあります。

 

 

 

neizyネイジーは

ドライカットの技術で10年以上支持されてきました。

 

くせ毛のお客様にも

安易にストレートパーマを施すことはなく

できる限りカットで対応させて頂いております

 

しかしながらこの

「縮毛矯正をやめる」

ということは簡単ではありません。

 

今日は

縮毛矯正のやめ方

について

 

徹底的に解説させて頂きます。

 

 

 

縮毛矯正をやめたい方へ伝えたいこと

 

まず最初にですが、

先ほどもお話ししたように

縮毛矯正をやめることは簡単ではありません。

 

皆さん充分ご想像頂いていると思いますが

ここのご理解がないと

まず成功しません。

 

縮毛矯正をやめることに

成功させる方とやっぱり縮毛矯正に戻るという方は

だいたい半々くらい

の割合です。

 

シンプルに

「ストレートヘアが好きだった」

と気づいて

また縮毛矯正をやられる方もいらっしゃいますし

 

自毛のくせが扱いにくくて

また戻ってしまう方もいらっしゃいます。

 

縮毛矯正をやめるために必要なこと

 

それはズバリ、

 

くせ毛を受け入れること

 

です。

 

くせ毛を受け入れるということは

自分のくせ毛は自分でキレイにする

という意識を持つことです。

 

これがあれば成功します。

 

そして、

縮毛矯正をやめることで得られるものは

とても大きい

 

です。

 

 

 

縮毛矯正をやめて得られること

 

縮毛矯正をやめたい

 

そのようにお考えになった時点で

何かもうイメージを持たれていると思います。

 

縮毛矯正をやめたら得られるもの。

 

僕が感じるところは3つ。

 

ストレスからの解放

自分のヘアスタイルへの満足感

髪型を選ぶ自由

 

この3つです。

 

まず

縮毛矯正特有のストレス。

 

これは

「やり続けなければいけない」

「美容室に長時間」

「少し伸びてくるだけで根元が目立つ」

など。

 

これらは縮毛矯正をやめれば自然となくなります。

 

ヘアスタイルへの満足感

 

もちろんくせ毛の範囲内なので

100%何でもとはいきませんが

皆さん、満足度が非常に高いのが印象的です。

 

やっぱり

自分自身のクセを活かしている

という実感が大きいのかと思います

 

そして

髪型を選ぶ自由

 

ストレートヘア一本の時より

いろんなバランスを選ぶことができます。

 

neizyネイジーでは

縮毛矯正をやめたあとのパーマも意外と人気です

 

 

縮毛矯正をやめるリスク

縮毛矯正は、

なんだかんだでかなりの長い期間

10年や20年

継続されてきたという方も少なくないです。

 

それだけ長く

定番となっていたものを変えるには

やはりそれなりのリスクがあったりします。

 

ここを前もって考えておくことは

縮毛矯正をやめるために

かなり重要な部分です

 

まず一つは

イメージチェンジ。

 

長くストレートのイメージが定着していた場合

まわりのご友人などから

「なんかいつもと違うね」

と言われたりすることがあります。

 

当然ですが

縮毛矯正をやめる限り

これは避けられません。

 

そう言われることに

変にマイナスイメージを持たないことが大切です。

 

そしてもう一つは

スタイリングの時間

です。

 

ハッキリ言って

縮毛矯正をやめることで

スタイリングが前より楽になる方は

ほぼいらっしゃらないと思います。

 

なぜなら縮毛矯正が

スタイリングがほとんどいらないスタイルだからです。

 

縮毛矯正をやめるためには

「前よりも日々のお手入れに

時間がかかるかもしれない」

この気持ちは必ず持っておいた方がいいでしょう。

 

スタイリングの難易度

も同じです。

 

クセを活かすことは

慣れればさほど難しいことではありませんが

ずっとストレートヘアだった方からすれば

とても難しく感じるかもしれません。

 

それほど

縮毛矯正は

一般的なスタイルと比べても

扱いやすい手間いらずなスタイルなんです。

 

 

 

縮毛矯正をやめるための壁

前項でお話しした通り

縮毛矯正をやめるには難しい壁があります

 

時間(期間)

スタイリング

長さ

 

この3つです。

 

まず時間についてですが

これは縮毛矯正をやめるまでにかかる期間のことです。

 

平均して

丸2年が必要です。

ミディアム以上になると3年は必要です。

 

勘違いしてる方が多いのですが

縮毛矯正は一度かけると元には戻せません。

よく

「パーマがおちた」

という表現がありますが

あれは正確には間違いです。

かけたパーマがなくなることはありません。

 

縮毛矯正をやめるには

 

一度以上、縮毛矯正をかけた部分が

伸びてきて完全に切り落とされるまで

カットで微修正し続ける

 

ということなのです。

 

そこに近道はありません。

 

そしてこの間の

スタイリング

がなかなかなハードルです。

 

髪が一番扱いにくくなるのは

 

根元がくせ毛

 

毛先がストレート

 

の状態です。

 

 

その境目が

頭の「ハチ」と言われる部分に

きているときなど

かなり難しくなってきます。

 

こういったタイミングでは

どうしても

「毎朝ラクに仕上げる」

という選択肢がなくなってきます。

 

頑張りどころです。

 

 

最後に

長さ

ですが

 

縮毛矯正をやめるには

縮毛矯正部分をすべて切る

ことが前提となってきますので

 

なので当然

短くカットできた方が

縮毛矯正をやめられる可能性が高くなります。

 

おすすめは

ボブ

です。

 

ショートだと

くせの影響を思い切り受けてしまいますが

ボブならまとまりを担保できます。

 

 

 

縮毛矯正をやめるために最適な方法

いろいろとむずかしい

縮毛矯正のやめ方ですが

これまでうまくいった事例の中での

共通点をご紹介します。

 

 

最後は夏にする

 

縮毛矯正を最後にかけるのは

夏にする。

 

そうすることで

また湿気が強まってくる

翌年の春には

もうすでに10cmほど

地毛の長さが伸びている状態となります。

 

縮毛矯正をやめるときには

一番扱いにくい2つの条件への対策がポイントです

・湿気の強い時期をどう乗り越えるか

・5,6cm伸びてきた時期をどう乗り越えるか

 

この2つを重ねないこと。

 

10cmともなれば

前述のハチも越えてきますので

とても扱いやすい状態と言えます。

 

 

ボブスタイルを検討する

 

これも前述したように

短さとまとまりやすさを

兼ね備えたボブスタイルは

縮毛矯正をやめるには

最適なヘアバランスです

 

パーマも検討する

 

意外かもしれませんが

ここもとても重要です。

 

縮毛矯正の一番厄介なところは

熱処理

です。

 

ストレートアイロンでの高温処理があるからこそ

縮毛矯正の

デメリットが際立ってきます。

 

なので例えば

熱処理を加えない

軽いストレートパーマで

クセをすべてのばしきらずに、やや馴染ませるくらいで整える

または

毛先にゆるくカールで形を入れる

 

こういったことも選択肢にはいれば

縮毛矯正をやめるハードルは一気に下がります。

 

ただし1点、

 

縮毛矯正をした毛先に

パーマはかけれないのでここは注意しましょう。

 

毛先のパーマは

あくまで縮毛矯正がなくなったときの

選択肢の一つと考えてみて下さい

 

 

 

最後に

 

縮毛矯正をやめたいと思ったらまず知ってほしい4つのこと。

 

いかがでしたでしょうか?

 

縮毛矯正は

本当に

やめること自体簡単ではありません。

 

ただ、

やめることで

全く新しい

ヘアライフが始まります。

 

なにより、

これからの10年20年を考えたときに

 

ずっとかけ続ける

という選択肢は

ほとんどの人にとって現実的ではないと思います。

 

いつかやめるなら

いつなんだろう。

 

そう考えたときに

少しづつ意識を向けてみてもいいのかな

と思います。

 

 

 

今回の記事が

何かの参考になれば幸いです

 

長文を読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

☆ドライカットがうまい横浜みなとみらいの美容室neizy☆


「クセや髪質の悩みを解決するカットテクニック」はコチラ

「初めての美容室でうまく髪型をオーダーする方法」はコチラ

「美容師が明かすボブの似合わせ論」はコチラ

美容院neizyの「スタッフページ」はコチラさ

美容室neizyの「サロンインフォ」はコチラ

 

neizy サカモト

 

横浜みなとみらいの小さな美容室・美容院neizy

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-4-3 MYMビル3F
0456637010


登録無しの24時間簡単予約はコチラ☆

 

【美容師の方へ】

リクルート情報はこちらから
スタイリストアシスタント美容師求人募集中!
関東神奈川横浜みなとみらい新高島の
小さな人気美容室neizyのリクルート求人はこちらから
正社員は社会保険完備・週休二日
新卒・中途技術者・パート美容師大歓迎です^^

 

2022/12/10 (土)

髪の傷む原因ってなに?髪が傷む3つのヘアダメージ☆くせ毛のカットがうまい横浜みなとみらいの美容室ネイジーblog

こんにちは^^

くせ毛にお悩みのお客様を担当し続けて20余年。

ドライカットでつくるくせ毛でもまとまりやすいカットが得意な

横浜みなとみらいの美容室・美容院

neizy【ネイジー】のサカモトです。

 

 

 

くせ毛の髪型、ヘアスタイルのお悩み、

くせ毛が似合う髪型のご相談、

くせ毛の毎日の扱い方、オススメスタイリング、

 

他にも

頭皮のトラブル、白髪染めのお悩み、

 

neizyでは、そのようなお話を

たくさんお聞きしています。

「横浜でくせ毛のカットがうまい美容師を探している」

という方、

縮毛矯正やアイロンを使わない

で、くせ毛を扱いやすくする髪型・ヘアスタイルをご提案させて頂きます。

ささいなことでもお気軽にどうぞ☆

 

 

 

 


 

今日は「髪のダメージ」についての話をしていきたいと思います。

 

皆さんが普段

髪を扱っているとき、

 

例えば

朝、自宅でスタイリングをしているときや

昼間にふと鏡を見たとき、

夕方の帰宅前に髪を整えているとき。

 

なんか髪がうまくいかないな

 

と感じたら

それはヘアダメージが原因のことも多いんですよね。

 

 

だからヘアケアは本当に大切。

 

でもそんなヘアケアも

ダメージのことを良く知っておかないと

正しいケアはできません。

 

今日の話を、ぜひ一つでも普段のヘアケアに取り入れてみて下さい。

 

 

 

髪のダメージは全部で3つあります。

 

ライフダメージ

ケミカルダメージ

エイジングダメージ

 

の3つです。

 

一つづつ解説していきますね。

 

ツヤを失ってしまいがちなライフダメージ

 

ライフダメージとは

毎日の生活の中、何気ないタイミングで

少しづつ髪の毛が受けているダメージの事です。

 

具体的には

 

摩擦

ブラッシングが頭に浮かびやすいと思いますが

それだけではなく、

ふとした時の手グシ…、

バッグの肩紐…、

まとめ髪のゴム…、

 

最も大きくダメージしてしまうのは

何と言っても

寝てる間の頭と枕での摩擦

 

ここは意外と要注意です!

 

これはもうドライヤーかヘアアイロンですね!

ドライヤーの熱は

風が100℃であれば

濡れてる髪の表面温度は60℃ほどになると言われています。

 

この60℃。

実はギリギリのラインです!

 

濡れてる髪の毛は

60℃以上の熱を加えると

タンパク変性

という髪にとって重大な傷跡を残してしまいます。

 

一言で言うと、

髪から柔軟性が失われかたくなてしまうんです。

ここは本当に要注意です。

 

そしてヘアアイロンの熱。

これは60℃なんて

生易しいものではありません。

160℃、180℃の熱…

考えただけでコワいです!

 

 

紫外線

お肌のUVケアはするのに

髪は無防備なことはありませんか?

髪も紫外線を浴びると多くのダメージをうけてしまいます。

 

たんぱく質の損傷…

髪表面の脂質が失われることによりツヤの減少…

カラーの色落ち…

 

更に怖いのは

頭皮の紫外線ダメージです。

 

細かく書くと長くなりますが

とりあえず結果として

細毛

抜毛

薄毛

の原因となります。

 

この3つの中で

特に影響が大きいのは

です!!!

 

熱は

下手をすると

健康な髪を一瞬でボロボロにします。

 

ヘアアイロンを使うときは

くれぐれも

やりすぎないように

気をつけてください。

 

僕は

ヘアアイロンを毎日使うことは

一切オススメしませんっ!

 

 

 

 

髪の中から変化してしまうケミカルダメージ

 

ケミカルダメージは

カラーパーマなどの薬剤によるダメージの事です。

 

髪の毛は弱酸性ですが

カラーやパーマは

ほとんどがアルカリ性。

 

髪の毛のたんぱく質に作用し

色や形をつくります。

 

大切なのは

いたまないカラー、パーマなど存在しない

ということです。

 

どんなものでも

髪は少なからず変化し、ダメージを受けています。

 

最近はトリートメントが本当に優れたものが沢山ありますので

髪の扱いやすさという点においては

以前と比べ

そこまで心配はしなくてもいいと思います。

 

しかし、

ここは本当に

美容師の技術

美容室のクオリティ

にゆだねられます。

 

本当にいい薬剤が揃ってきているため

逆に言うと

サロンによって

差が激しいところです。

 

ぜひ、

カラーパーマをするときには

ヘアケアにこだわったサロンで

トリートメントを一緒に

オーダーしてください。

 

 

 

必ずだれもが直面するエイジングダメージ

 

最後はエイジングダメージ。

これは一言で言うと髪の老化です。

 

髪は老化します。

 

お肌や体と一緒です。

 

老化するとどうなるか。

 

髪の中のたんぱく質が減少します。

 

髪は80%~90%がタンパク質で出来ています。

そこが減少することにより

おこる変化は

 

髪が細くなる

ハリコシがなくなる

クセが出てくる

パサつきやすくなる

毛先が広がる

 

どうでしょうか?

 

「え?私じゃん」

 

と思った方も多いはずです。

 

それもそのはず。

 

エイジングダメージは

平均としては30歳ころから気になり始めます。

今までと同じ髪のダメージだと思っていたことが

 

実は摩擦やカラーなどではなく

髪の老化だった

というケースはとても多いです

 

ぜひエイジングダメージについても

日々ケアをしていけるよう心がけましょう!

 

 

 

髪をキレイにするために大切なこと

 

ここまで詳しくヘアダメージについて書いてきました。

 

じゃあどうしたら

髪はキレイになるの?

 

ということなんですが

 

とにかく大切なのは

 

習慣を整えること

 

です。

 

ここはとくに

ライフダメージ、エイジングダメージに関わってきます。

 

夜のシャンプーに始まり

トリートメント、

お風呂上がりのブロー

寝るときの髪の整え方

翌朝のブラッシング

ドライヤーの使い方…

 

上げればキリがありません。

 

難しいことはしなくても大丈夫です。

 

ただ、

髪が傷みやすい状況を知り

髪が傷みやすいことをさけ

髪がキレイに整うケアをする

 

いたってシンプルでOKです!

 

 

 

 

まず絶対に外せない具体的なヘアケアのポイント

 

3つのポイントをご紹介します。

 

・トリートメントはくしでとかす

 

・頭皮の保湿ケアをする

 

・髪は最後まで丁寧に乾かす

 

いろんなヘアケアがありますが

まずこの三つをおさえて頂き、

扱いやすいキレイな髪に導いていきましょう!

 

 

 

 

 

 

☆ドライカットがうまい横浜みなとみらいの美容室neizy☆


「クセや髪質の悩みを解決するカットテクニック」はコチラ

「初めての美容室でうまく髪型をオーダーする方法」はコチラ

「美容師が明かすボブの似合わせ論」はコチラ

美容院neizyの「スタッフページ」はコチラさ

美容室neizyの「サロンインフォ」はコチラ

 

neizy サカモト

 

横浜みなとみらいの小さな美容室・美容院neizy

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-4-3 MYMビル3F
0456637010


登録無しの24時間簡単予約はコチラ☆

 

【美容師の方へ】

リクルート情報はこちらから
スタイリストアシスタント美容師求人募集中!
関東神奈川横浜みなとみらい新高島の
小さな人気美容室neizyのリクルート求人はこちらから
正社員は社会保険完備・週休二日
新卒・中途技術者・パート美容師大歓迎です^^

 

2022/12/07 (水)

ドライヤーで髪が傷むってホント?☆くせ毛のカットがうまい横浜みなとみらいの美容室ネイジーblog

こんにちは^^

くせ毛にお悩みのお客様を担当し続けて20余年。

ドライカットでつくるくせ毛でもまとまりやすいカットが得意な

横浜みなとみらいの美容室・美容院

neizy【ネイジー】のサカモトです。

 

 

 

くせ毛の髪型、ヘアスタイルのお悩み、

くせ毛が似合う髪型のご相談、

くせ毛の毎日の扱い方、オススメスタイリング、

 

他にも

頭皮のトラブル、白髪染めのお悩み、

 

neizyでは、そのようなお話を

たくさんお聞きしています。

「横浜でくせ毛のカットがうまい美容師を探している」

という方、

縮毛矯正やアイロンを使わない

で、くせ毛を扱いやすくする髪型・ヘアスタイルをご提案させて頂きます。

ささいなことでもお気軽にどうぞ☆

 

 

 

 


 

 

今日はドライヤーの話をしていきましょう!

 

 

  • みなさん
  • ドライヤーは毎日お使いになられていますか?

 

中には「使わない」という声もありますが、

僕が聞く限り

大半の人が使っている印象ですね。

 

ドライヤーを使い慣れると

髪は本当にキレイになります!!!

 

ヘアスタイリングはもちろんなんですが

実は

ヘアケアにおいても

ドライヤーってとっても大切なんです。

 

 

ところで、

こんな話は聞いたことありませんか?

 

「ドライヤーで髪が傷む」

 

今日は、これについて

お話ししていきます。

 

 

 

結論から先に言うと

 

ドライヤーで髪は傷みません。

 

 

もう少し細かく言うと

「髪は、熱を受けると傷みます。が、特に問題のあるやり方でない限り、ドライヤーの熱で髪の扱いに支障が出るほど傷みはしません」

 

ということです。

 

そうなんですよね。

顕微鏡で確認するレベルの損傷は受けることがありますが

よほど乱暴な使い方をしない限り

目視できるほどの傷みはありません。

 

今日お伝えしたいのは

 

「髪が傷むからドライヤーかけない」

というのはNG。

むしろ

「ドライヤーをかけないと髪が傷みやすくなる}

 

ということです。

 

 

 

髪の毛は、熱に弱いです。

 

僕ら美容師が一番恐れているダメージとして、

 

たんぱく変性

 

という髪のダメージがあります。

 

これは正確に言うと

 

コルテックス繊維の変性

 

です。

 

 

 

コルテックス。

 

聞いた覚えはありますか?

 

髪の毛を

海苔巻きに喩えた時の

お米部分です。

 

もっと言うと、

海苔に当たるキューティクル。

これの内側が、コルテックスです!

 

このコルテックスが

熱により変性してしまうと

髪は本来持っているしなやかさ、潤いを失い

 

ガビガビにかたく、

パサパサでまとまらない髪になってしまうんです

 

 

 

恐ろしき、たんぱく変性!!!

 

 

 

ただ

このたんぱく変性は

熱があたればすぐに起こるかというと

そうではありません。

 

髪の耐性を超える温度で初めてたんぱく変性は起こり始めます。

 

濡れてる髪だと60℃

乾いている髪だと160℃

 

ここが

髪の毛が熱ダメージを受け始めるラインです!

 

ん?

 

と思ったそこのあなた!

 

そうなんです。

 

髪は濡れている時と乾いている時で

性質が違うため

熱による影響の受け方もまるで違うんです!

 

ここが

ドライヤーの使い方のポイントです☆

 

 

例えば

ドライヤーの熱が100℃の場合、

 

15cm離れた濡髪の表面温度は約60℃になります。

*風速等条件で多少前後します

 

ここがギリギリのラインです!

 

髪を傷めないためには

・100℃以上の熱を使わない

・15cm以内に近づけない

が基本方針となります。

 

ここさえ押さえておけば

特に怖がることはありません。

 

 

逆に、

丁寧にドライヤーをかけて髪を乾かしたら。

 

乾いた髪は耐熱性もあがり、

丁寧に乾かしてキューティクルも整った髪は

耐摩耗性も上がります。

 

詳しく言うと

髪の表面を覆ううろこ状のキューティクル、

これは自然乾燥しただけでは

大人の髪はバサバサとけば立ったような状態です。

それでは引っ掛かりも起きやすいし

ツヤも出にくいです。

それをドライヤーが整えてくれる。

 

要は

 

傷みにくい髪へと変わるんです!

 

ここがとてもポイントです!

 

 

 

ドライヤーは

髪を乾かすだけではなくて

 

髪を傷みにくい状態へ仕上げる

ケアスタイリング

なんです!

 

 

 

いかがでしょうか?

 

ドライヤーは、

髪を乾かすだけの道具ですが

 

ですが実は

 

髪のキレイを守るために

重要な役割を担っているのです。

 

 

ぜひ、

毎日のドライヤーも

美髪を意識して丁寧にやっていきましょう!

 

 

 

 

 

☆ドライカットがうまい横浜みなとみらいの美容室neizy☆


「クセや髪質の悩みを解決するカットテクニック」はコチラ

「初めての美容室でうまく髪型をオーダーする方法」はコチラ

「美容師が明かすボブの似合わせ論」はコチラ

美容院neizyの「スタッフページ」はコチラさ

美容室neizyの「サロンインフォ」はコチラ

 

neizy サカモト

 

横浜みなとみらいの小さな美容室・美容院neizy

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-4-3 MYMビル3F
0456637010


登録無しの24時間簡単予約はコチラ☆

 

【美容師の方へ】

リクルート情報はこちらから
スタイリストアシスタント美容師求人募集中!
関東神奈川横浜みなとみらい新高島の
小さな人気美容室neizyのリクルート求人はこちらから
正社員は社会保険完備・週休二日
新卒・中途技術者・パート美容師大歓迎です^^

 

Category List
  • □neizy blog
  • Monthly Archive
    2023年1月 (1)
    2022年12月 (6)
    2022年2月 (1)
    2022年1月 (6)
    2021年12月 (4)
    2021年11月 (1)
    2021年8月 (1)
    2021年7月 (1)
    2021年5月 (1)
    2021年2月 (2)
    2021年1月 (6)
    2020年12月 (5)
    2020年11月 (3)
    2020年10月 (1)
    2020年9月 (1)
    2020年8月 (1)
    2020年7月 (4)
    2020年6月 (5)
    2020年5月 (3)
    2020年4月 (7)
    2020年3月 (6)
    2020年2月 (20)
    2020年1月 (20)
    2019年12月 (23)
    2019年11月 (21)
    2019年10月 (34)
    2019年9月 (35)
    2019年8月 (35)
    2019年7月 (36)
    2019年6月 (36)
    2019年5月 (35)
    2019年4月 (35)
    2019年3月 (35)
    2019年2月 (35)
    2019年1月 (35)
    2018年12月 (35)
    2018年11月 (35)
    2018年10月 (35)
    2018年9月 (35)
    2018年8月 (35)
    2018年7月 (40)
    2018年6月 (37)
    2018年5月 (30)
    2018年4月 (25)
    2018年3月 (60)
    2018年2月 (41)
    2018年1月 (49)
    2017年12月 (72)
    2017年11月 (62)
    2017年10月 (70)
    2017年9月 (53)
    2017年8月 (45)
    2017年7月 (25)
    2017年6月 (24)
    2017年5月 (3)
    2017年2月 (5)
    2017年1月 (7)
    2016年12月 (10)
    2016年11月 (4)
    2016年10月 (8)
    2016年9月 (8)
    2016年8月 (7)
    2016年7月 (10)
    2016年6月 (4)
    2016年5月 (6)
    2016年4月 (6)
    2016年3月 (2)
    2016年2月 (15)
    2016年1月 (18)
    2015年12月 (9)
    2015年11月 (10)
    2015年10月 (15)
    2015年9月 (15)
    2015年8月 (14)
    2015年7月 (16)
    2015年6月 (13)
    2015年5月 (15)
    2015年4月 (15)
    2015年3月 (6)
    2015年2月 (9)
    2015年1月 (16)
    2014年12月 (18)
    2014年11月 (14)
    2014年10月 (17)
    2014年9月 (15)
    2014年8月 (5)
    2014年7月 (3)
    2014年6月 (11)
    2014年5月 (7)
    2014年4月 (8)
    2014年3月 (12)
    2014年2月 (20)
    2014年1月 (26)
    2013年12月 (61)
    2013年11月 (27)
    2013年10月 (29)
    2013年9月 (24)
    2013年8月 (24)
    2013年7月 (9)
    2013年6月 (4)