Staff Blog

2019/12/13 (金)

2019冬にオススメ☆「目標のつくり方」くせ毛のカットがうまい横浜みなとみらいの美容室ネイジーblog

ドライカットがうまい

横浜みなとみらいの美容室・美容院

neizy【ネイジー】の美容師サカモトです。

 

 

 

くせ毛や髪質のお悩み、

似合う髪型に関するご相談、

頭皮のトラブル、深刻な髪の毛のダメージのお悩み、

 

neizyではそのようなお話を

たくさんお聞きしています。

「横浜でくせ毛のカットがうまい美容師を探している」

という方、

ぜひ美容師サカモトにお任せ下さい^_^

美容師歴20年以上のキャリアで培った経験のもと、

なるべくストレートパーマや縮毛矯正に頼らず

髪質を活かしたヘアスタイルのつくり方

をご提案させて頂きます。

ささいなことでもお気軽にどうぞ☆

 

 

 


 

 

neizyの代表である僕は

いわゆる

プレイングマネージャー

です。

 

現場に立ちながら

経営をしている

という形であり、

 

こういうスタンスに関しては

賛否が分かれるところですが

僕は美容師を志したときから

 

いずれ独立して

店を持つ

 

というのは

目標であり

通過点であったため

すごくナチュラルな状態です。

 

 

もちろん、

ここに至るまでは

いろんなことがありましたし、

たくさんの壁や

一か八かのシーンや

周囲の人とうまくいかないとか

思うようにお客様と話せないとか

何度やっても技術が身につかないとか

あげればキリがないほどの

 

厳しい瞬間

 

本当にたくさんありました。

 

 

それでも

ある程度やれたり、

neizyをつくれたり

できたのは

 

僕は

いつも

目標を持っていた

こととは

無関係ではないと思います。

 

 

 

夢や目標は

本当に大切です。

 

目標が

1日を

左右する。

 

 

今日は

目標に対する

僕の考えを書きたいと思います。

 

 

美容師は厳しい仕事!?

まずはじめに

よくネットや一般的な意見として

言われている

美容師の仕事のイメージ

について

 

いわゆる

キツい

キビシイ

給料低い

3K

などと言われていますが

 

 

そうかな?

と僕は思います。

 

 

労働時間は

営業時間の前後までなので一定です。

 

夜勤がある医療関係や

時期によって勤務時間が変わるテレビ業界

などと比べたら

毎日同じスケジュールで動ける

なんてすごくラクなこと。

 

もちろん

技術を身につけるために

練習したりしますが

それは全て自分の資産になる時間。

 

他業種では、

例えば一般事務職などでも

その場限りのこと、

全く自分の資産にならないこと

に費やさなければいけない時間が

山ほどあったりすると聞きます。

 

全ての時間が

美容師として

今後役立つものばかり

と考えれば

これほど時間的なコスパがいい職業も珍しい。

さすが専門職です。

 

そしてお給料。

美容師は給料が低いと言われがちですが

人気のある美容師、

技術のある美容師、

マネジメント能力のある美容師、

など、生涯美容師として

やっていくであろう方たちは

普通に

年収600万以上はもらっています。

1000万以上もらってる人もいます。

どこの会社とかは関係ありません。

自分自身のスキルさえあれば

このくらいは普通です。

 

学生時代に全く勉強をせず、

なんの学問も得ず、

就職競争を勝ち抜きもせず、

特にコネもない、

 

普通に専門学校行って

普通に就職した美容師たちが

得ている報酬としては

低くはないんじゃないかな?

と思います。

 

それとも

お客さんに支持されてもいないのに

ただ美容室で働いているだけで

人より高い給料が欲しいのでしょうか?

 

だとしたら

相当な甘えんぼうさん。

ここから先は読まない方がいいです笑

 

 

そもそも

まず大切なことは

仕事を語る上で

大切なのは

労働時間や給料ではありません。

 

それしか思いつかないとしたら

それはさみしいことです。

 

社会人になって

一番多く過ごす場所は

家でも友人恋人との時間でもありません。

職場です。

 

そこに対して

ただ言われたことをやる

ただ給料をもらうためにそこにいる

そんな人生でいいんでしょうか?

 

少なくとも

美容師を選んだ人たちは

そうではないはず。

 

美容師は

好きなことを

仕事にする

職業です。

 

最近、

時間やお金の話ばかりが

美容業界のリクルート界隈で上がっていますが

本当に悲しいことです。

 

やりたいこと

つくりたいヘア

学びたい技術

美容師として

お客様に何がしたいのか

 

そういう話題で

就職活動が盛り上がって

くれればいいのになあ、

と思う今日この頃です。

 

 

目標を持つ意味

目指しているもの、

憧れているもの、

こういうものがないと、

 

人は他者に要求しがちです。

 

人は恐ろしいスピードで

いろいろなことに

慣れていきます。

 

人が健全に成長していくためには

ずっと変わらないもの

変わり続けるもの

両方が必要です。

 

自分を持っていないと

フラフラし続けてしまいます。

人の話を聞かないと

どんどん考えが偏ってしまいます。

 

あなたを取り巻く

周囲の社会もそうです。

 

もし10年後に

自分が

今と同じ考えを持って

今と同じことをしていたら

おそらく

今とは違う結果が出るでしょう。

 

もしかしたら良い方向かもしれませんが、

それでは大抵は悪い方向です。

 

自分の今いる環境に

不平不満を感じている人は

このパターンがとても多い。

 

最初は感じていなかったものを

時間が経つにつれて感じるようになる。

それは、

見えてなかったものが見えるようになった、

そういう理由もあると思います。

しかし、

それ以上に

これまでの時間に対して

自分の成長が足りていないために

その環境における立場や

周囲との関係性が変わってきた

やりたいことと現実とのギャップがうまれてきた

ことがほとんどです。

 

目標を持っていれば

そこに気づくことができます。

 

しかし、

目標を持っていない人は

環境に原因があると考えます。

 

努力をしていない人間は

他人に努力を求めてしまうんです。

 

自分と同じように

周囲の人たちも

社会も

常に同じ時間を経過していきます。

 

その過程で、

皆どんどん変化していきます。

 

結果を出すのは簡単ではないし

努力すれば必ず成功するわけではありません。

しかし

そんな中で

どんな時でも

自分のやるべきことを

自分自身を見失わないこと

が大切

です。

 

そのためには

目標を

常に

持っていること。

 

夢や目標は

変化の渦中における羅針盤

のようなものなんです。

 

 

目標のつくり方

僕は美容師免許は通信過程で取ったため

現場には早く入っていました。


サロンワークを学び始めたのは

18歳のときからです。

 

もちろん18なんて

クソガキ

なので、全く仕事はできません。

目標なんてものも

大したものは作れていませんでした。

 

最初は

日記をつけ始めました。

 

何をどうしたらいいのか

全くわからない。

わからないからこそ、

今どういうことに

何を感じて何をしようと思ったのか。

それを将来の自分に残すことが

一番今効果がある取り組みだな

と考えたんです。

 

こう書くと、

「18からスゲー!

やっぱりオーナーは違うな!」

となるかもしれませんが

 

日記の中身は散々なものでした笑

 

ほぼグチ。

 

改めて読んだときに感じたことは

自分はとんでもなく使えない人材で

たまらなくクソガキだな

と。それ以外はありません。

しいて言えば

ダメなやつの思考回路がわかりました笑

 

でも、こうやって

自分を

客観視できる

ことは

とても良かった。

 

目標がすぐに見つからない人

その目標が適切かどうかわからない人

まず

日記を

つけること

これは本当にオススメです。

 

 

まずは短期目標から

美容師としての

最初の目標はもちろん

スタイリストデビュー

すること。

 

でも、デビューって

なかなかできません。

 

例えば

ワインディングの試験で

落ちまくっているときに

ずっとスタイリストデビューのことしか

見えていなかったら

さすがにキツイです。

 

ワインディングに受かっても

まだそのあとブローもあるし

ハイライトもあるし、

それからウィックカットやってから

モデルカット…

まだまだだよ…。

 

となってしまいます。

 

その点、

僕は当時先輩たちに

かなりのライバル心を持っていたため

スタイリストデビューすることよりも

パーマを巻けるようになって

シャンプーばかりの毎日から抜け出すこと

を真剣に目指していました。

 

パーマのヘルプに入った際には

スタイリストや先輩アシスタントの

技術を食い入るように見て

スライスの取り方、

コーミングの仕方、

リズム、視点…

食い入るように見ていました。

失礼ながら、

うまい人とそうでない人は何が違うのか

観察したり

こっそり先輩の技術タイムを計ったりしていました。

 

そのくらい、

パーマを巻く

という

目先の目標に集中していたため

何度試験に落ちたとしても

パーマ以外のことを考えることはありませんでした。

 

その上、

パーマに受かったときには

ものすごく嬉しくて

これが一つの成功体験になりました。

 

後々になって気付いたのですが、

 

この成功体験は

とても大切で、

 

何度もやってくる壁に対して

成功体験があると

「あのときも最初はこうだった」

「あのときと比べたらラク」

などと、

冷静に状況を受け止められるようになり

「やればできる」

と考えられるようになっていきました。

 

 

最初から

スタイリストデビューという

大きな目標だけを考えていたら

こうはいかなかったと思います。

 

シャンプーに受かりたい

パーマを巻きたい

ブリーチに入りたい

ドレッドをやりたい

など、

いろんな

小さな短期目標をたてて

積み上げてきた小さな成功体験こそが

大きい壁を乗り越える力になる

んです。

 

 

 

夢に追われるな、夢は追いかけるもの

本当に不器用なので

何事も遠回り、

スムーズにうまくいくことが

ほとんどない僕は

 

短期目標ですら

全くクリアできないことも多々ありました。

 

そんなときは

本当に袋小路。

 

うまくいかなすぎて

関係ないところまで

全てが悪循環。

 

ストレスも溜まり

体調も悪くなり

それでも練習はしなければいけない。

 

ちょうどそんなときに

同期達にご飯に誘われた僕は

悲壮感たっぷりに、

「いや、俺練習しなきゃいけないから」

と言いました。

 

すると、

「おまえ夢を追いかけるっていうか、

夢に追われちゃってんじゃん」

 

 

ハッとしました。

 

 

たしかに言われた通りでした。

自分は

「やるから」

ではなく

「やらなくちゃいけないから」

と言っていたし

そう思っていました。

 

デビューという「目的」に対しての

練習という「手段」が、

 

何事もうまくいかなすぎて、

いつしか、

練習が「目的」に変わってしまっていたんです。

 

練習をしなければいけない。

練習をしなければデビューできない。

とにかく練習だけはやらないと。

 

 

こんな気持ちでうまくいくわけありません。

 

夢は常に前にあるべきもの。

前に向かって追いかけるものです。

そのためには

ポジティブ

であること

が大切。

 

「やらなきゃ」

ではなく、

常に

「やるんだ」

と考えられることが大切です。

 

 

それがいつしか後ろに回って

ケツ叩かれるようになったら

一度落ち着いて

しっかり前を向いて

前に向かって自ら進めるように

気持ちを整えることが大切です。

 

目標を達成するために一番大切なこと

高い目標を掲げればこそ、

なかなかその目標を達成することはできません。

 

そんなときに

最短で

目標を達成する方法があります。

 

それは

人の話を聞くこと

です。

 

素直に謙虚に

行動すること。

 

目標を目指そうと思うと

どうしても

気持ちは自分に向かいがちです。

 

自分の中から湧き上がるエネルギー、

モチベーションやアイディアを

駆使して行動します。

 

それ自体はすごくいいことです。

 

ただ、

それだけになってはいけない。

 

人が最短で成長する方法は

人から

学ぶこと

です。

 

これまでも

自分以外にたくさん

努力してきた人たちがいます。

その人たちは

やはり自分と同じように

悩んだり苦しんだりしながら

時間を過ごして

今の考え、方法に辿りついています。

 

自分が目指す道と全く同じではないかもしれません。

 

それでも

他者の経験に基づく

アドバイスに

耳を傾けられること。

周囲の人たちに

自分が何を求められているか、

何を期待されているのか、

察知すること。

 

これらのことは

自分一人で努力をすることの

何倍も成長速度を高めてくれます。

 

おすすめなのは

まず、

身近な人から学べること。

 

目の前にいない偉人よりも

接することができる

話を聞くことができる

身近な人がいい。

 

先輩後輩関係ありません。

 

誰でも必ず優れた部分があります。

学ぶべきことはたくさんあります。

 

自分の考えに凝り固まらず、

周りにアンテナを張れることに

力を入れる。

 

これが一番早いです。

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

かなり長文となりましたが

ご拝読ありがとうございました。

 

僕は、よくneizyのメンバーにも

話しているのですが

美容師ほど

安定している職業はないと思います。

 

美容師は

技術

コミュニケーション

リピート産業

これらの要素から、

 

ネット関係ない

外資関係ない

AI関係ない

という今どき珍しい職業なんです。

 

しかも、

顧客目の前にいる

これ、あたりまえじゃないですよ?

 

今どき、

こんなノーリスクな職業は

ありますか?

 

ライバルが近所の同業者くらいしかいないんです。

 

ネット社会により従来の秩序が破壊され

グローバル化によって世界中がライバルになり

AI革命によって仕事がどんどん生まれ変わる

そんな昨今に

 

まだまだ

安定して継続される職業。

 

 

しかも最強なのは

顧客が目の前にいる

ということ。

 

常に顧客の声が聴けるんです。

 

しっかり毎日

真面目に美容師していれば

結果がついてこないわけがない。

 

だって、

顧客の要望を聞くことも

顧客に提供する商品(ヘアスタイル)をつくることも

顧客に説明することも

顧客に提供することも

全部

自分たちの目の前でできるんですもん。

 

だったら

自分たちがつねに改善・成長だけしていれば

ずっと安定して

仕事を楽しむことができますよ。

 

仕事が楽しいんですよ??

 

こんな

いい仕事、

他にある??

 

 

だいぶ偏った考えかもしれませんが

こういう考えもある

というくらいに

ぜひ頭の片隅にでも

置いておいて下さい。

 

がんばりましょう!

 

 

 

☆ドライカットがうまい横浜みなとみらいの美容室neizy☆


 

 

neizy サカモト

 

横浜みなとみらいの小さな美容室・美容院neizy

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-4-3 MYMビル3F
0456637010


登録無しの24時間簡単予約はコチラ☆

 

【美容師の方へ】

リクルート情報はこちらから
スタイリストアシスタント美容師求人募集中!
関東神奈川横浜みなとみらい新高島の
小さな人気美容室neizyのリクルート求人はこちらから
正社員は社会保険完備・週休二日
新卒・中途技術者・パート美容師大歓迎です^^

 

Category List
  • □neizy blog
  • Monthly Archive
    2020年1月 (120)
    2019年12月 (190)
    2019年11月 (183)
    2019年10月 (287)
    2019年9月 (282)
    2019年8月 (256)
    2019年7月 (278)
    2019年6月 (238)
    2019年5月 (231)
    2019年4月 (233)
    2019年3月 (240)
    2019年2月 (230)
    2019年1月 (239)
    2018年12月 (229)
    2018年11月 (242)
    2018年10月 (237)
    2018年9月 (244)
    2018年8月 (216)
    2018年7月 (234)
    2018年6月 (231)
    2018年5月 (229)
    2018年4月 (185)
    2018年3月 (329)
    2018年2月 (236)
    2018年1月 (279)
    2017年12月 (254)
    2017年11月 (223)
    2017年10月 (313)
    2017年9月 (223)
    2017年8月 (268)
    2017年7月 (118)
    2017年6月 (125)
    2017年5月 (29)
    2017年4月 (4)
    2017年2月 (18)
    2017年1月 (32)
    2016年12月 (26)
    2016年11月 (10)
    2016年10月 (23)
    2016年9月 (26)
    2016年8月 (27)
    2016年7月 (27)
    2016年6月 (17)
    2016年5月 (17)
    2016年4月 (17)
    2016年3月 (12)
    2016年2月 (70)
    2016年1月 (77)
    2015年12月 (53)
    2015年11月 (50)
    2015年10月 (94)
    2015年9月 (85)
    2015年8月 (73)
    2015年7月 (109)
    2015年6月 (103)
    2015年5月 (101)
    2015年4月 (96)
    2015年3月 (51)
    2015年2月 (51)
    2015年1月 (64)
    2014年12月 (70)
    2014年11月 (58)
    2014年10月 (68)
    2014年9月 (56)
    2014年8月 (32)
    2014年7月 (40)
    2014年6月 (56)
    2014年5月 (32)
    2014年4月 (39)
    2014年3月 (114)
    2014年2月 (185)
    2014年1月 (175)
    2013年12月 (213)
    2013年11月 (182)
    2013年10月 (217)
    2013年9月 (112)
    2013年8月 (89)
    2013年7月 (102)
    2013年6月 (19)